原付の名義変更の方法

原付を友人などに譲渡する場合はもちろん名義変更の手続きを市役所などで行わなければなりません。

ただこの場合はただ単に名義変更するのではなく、まず原付を譲渡する方が原付の廃車手続きをして、その後新しいオーナーが登録手続きを行うということになります。

イメージとしては、まず原付の登録をまっさらな状態にしてそこから新しく登録しなおすといった感じでしょうか。
普通の名義変更では1ステップで済ますことができますが、原付の場合はまず廃車、そして登録と2つのステップを踏むということになります。

また、廃車手続きの際にもらえる廃車証というものが新しいオーナーで登録する際に必要となりますので、廃車手続き、登録手続きを別の日に行う場合は無くさずとっておくようにしましょう。

原付の名義変更の必要書類

原付の名義変更に必要な書類は以下の通りです。

  • ナンバープレート
  • 標章交付証明書
  • 印鑑(買手、売手の両方)
  • 譲渡証
  • 廃車証
  • 身分証明書(免許証、保険証、住民票など)

これらの書類をしっかり揃えれば原付の名義変更は1日中に済ませることができますので、これらの書類を確認の上、しっかり前もって準備しておきましょう。



このページの先頭へ