所有者が死亡したときの廃車手続き

車の所有者が死亡してしまった場合などには、当然その車に対して廃車手続き、もしくはその車を誰か他の人が使用するのであれば、相続手続きしなければなりません。

しかし、ここで注意していただきたいのは、車の所有者が死亡してしまった場合は廃車にするにしても、まずは必ず相続手続きを踏まなければならないということです。

まずは車を現存の誰かの所有物とし、そこからその車に乗り続けるなり、廃車にするかを決めるということになります。

この相続手続きは通常の廃車手続きとは違い、用意する書類なども数が非常に多くなります。

また、これらの書類には、時間が経つほどに用意しにくくなるものもありますので、こういった法的な手続きはたとえ苦痛と感じても早めに済ませてしまった方が楽になるでしょう。

車の相続手続きに必要な書類

車の相続手続きをする際に必要な書類は以下の通りになります。

  • 申請書(OCR シート第1号様式)
  • 車検証(車検の有効期間のあるもの。)
  • 戸籍謄本(被相続人(死亡者)および相続人全員が記載のもので発行されてから3ヶ月以内のもの。結婚などで相続人全員の確認が出来ない場合は原戸籍などを取る必要があります。)
  • 遺産分割協議書(相続人全員の実印を押したもの。未成年者がいるときは裁判所選任の特別代理人の実印が必要になります。)
  • 相続人全員の印鑑証明書(未成年者については、住民票および特別代理人の印鑑証明書。 )
  • 委任状(単独相続される方)(代理人による申請を行う場合は実印を押印。 )
  • 手数料納付書
  • 車庫証明(使用の本拠の位置を変更した場合に必要、住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので発行後1ヶ月以内のものが必要です。)
  • 自動車税申告書


このページの先頭へ