バイクを廃車にするときに掛かる費用

バイクの廃車手続きを自分で行う場合には、まずはナンバープレートをバイクから取り外し、書類と一緒に陸運局で手続きをする必要がありますが、この際にかかる費用はほとんどただであることが多くなっています。

しかし廃車にしたバイクは当然公道を走ることはできませんので、用済みのものとして解体する責任も所有者が負うこととなります。

このバイクの解体にかかる費用がおよそ1万円程度となっているのですが、これは業者さんによっても変わってきますので、ある程度目安として考えておくと良いでしょう。

また解体業者にバイクを預ける前にナンバープレートを外してしまった場合は当然そのバイクに乗って解体業者さんに向かうということもできませんので、場合によってはそういったときにレッカー代を取られることもあります。

このレッカー代もバイクの大きさによって変わってくると思いますが、およそ5000円程度と考えておけば良いでしょうか。

こういった手間や掛かる費用を考えると、やはり引き取りが無料、もしくは買取の可能性さえあるバイクの買取業者に廃車手続きは任せた方が楽ではないかと個人的には思います。

どんなやり方にせよ、乗らないバイクのために税金や車検代を払うということほど馬鹿らしいものはないも思いますので、バイクの廃車手続きはバイクに載らないのであれば早めに済ませるようにしておきましょう。



このページの先頭へ