軽自動車の名義変更の方法

もしも自動車が動く状態であっても、もう自分が乗る必要がないという場合などには、業者に自分の車を売るのではなく、友人などに譲りたいという方も多いかもしれません。

そうした場合には当然そのまま車をあげれば良いという問題ではありませんので、軽自動車であってもしっかりと名義変更の手続きは踏まなければなりません。

普通自動車に比べると軽自動車の名義変更はそこまで複雑なものでもありませんので、軽自動車をお持ちの方はこの名義変更の方法というものは知っておいても決して損にはならないかもしれませんね。

【譲り手の軽自動車の名義変更に必要な書類】

  • 自動車検査証
  • 認印

軽自動車を譲る側が用意するものはたったこれだけです。

【相手側の用意する書類】

  • 住民票など自分の住所を証明するもの
  • 自動車検査証記入申請書
  • 軽自動車税申告書
  • 自動車取得税申告書
  • 認印

受け取る側の書類も一日もあれば簡単に入手できてしまうものばかりです。
申請書や申告書の類は軽自動車検査協会で入手することができます。

そして実際の名義変更の方法ですが、簡単に言ってしまえば、上記にある書類を手に入れたらまずはその書類にしっかりと記入していき、それを軽自動車協会で提出するだけです。

書類には記入例もしっかりと載っていますので、それらに倣ってそつなく記入をしていきましょう。

後は職員の方が色々と指示をしてくれますので、特に難しいことがあるというわけではないでしょう。



このページの先頭へ