イメージ画像

大事な愛車
1回の洗車で綺麗ピカピカに。

洗車で車に傷が…

多くの人にとってかなりの一大決心が必要となる自動車の購入です。

もちろんお金持ちの方にとっては決してそんなことはないのでしょうが、そうでない方にとってはそれはそれは大きな買い物ということに間違いはないでしょう。

そして実際にそんな高価なものを買ったときには、しっかりと常に綺麗に保っておきたいと考えるのが人の性ではないでしょうか。

新車を買ったばかりの頃は運転も慎重になるためどこかにぶつけて傷をつけてしまうということはあまりありません。

しかし、意外と多くの人が経験するのが洗車をしたときについてしまう、いわゆる洗車傷と呼ばれるものです。

この洗車傷に関しては多くの人が、ある程度はしょうがないようものと諦めているのですが、洗車の仕方によっては完全にとはいかないかもしれませんが、傷の数は必ず減らすことができます。

大事な新車にうっかり傷をつけて後悔しないためにも、是非正しい洗車の仕方というものを学んでおきましょう。

洗車は自分でやる?

洗車の際についてしまう傷として多いのが、ガソリンスタンドなどにある洗車機で洗車を行った場合です。

確かに自分で洗車をするよりも時間の短縮にはなりますし、そこまで高価なものでもありませんので、やはりお願いしてしまうという方も多いでしょう。

洗車機で傷がつくといっても、そこまで目立った傷がつくことは決してありません。

しかしよーく見ると、細かい傷がどうしても出てきてしまうことは確かなことで、車を本当に大事にする人にとってはどうしても気になってしまうもののようです。

そんな細かいところまでは気にしないと言う方で、洗車に時間をそこまでかけたくない人は洗車機などを利用しても全く問題ないでしょうし、
ちょっとの傷も嫌だと言う方は、自分の車は自分で洗ったほうが良いのかもしれません。

特に黒色の車は細かい傷も目立ってしまう場合があるので注意が必要となるかもしれません。

自分で洗車をやってみよう!

ガソリンスタンドやその他の業者さんに洗車をお願いする場合はある程度その業者さんを信用するしかありませんが、自分で洗車を行う場合はちょっとしたことを気をつけるだけで大事な車を傷から守ったり、車を鏡面のようにぴかぴかにすることもできます。

このサイトではそんな上手な洗車の仕方というものの情報を中心にお伝えしています。

このページの先頭へ