バイクが盗難されたときの廃車手続き

写真

バイクが万が一盗難されてしまった場合は例えそのバイクが見つかる見込みがあっても廃車手続きはしなければなりません。

たとえバイクが盗難されたとしても、税金や保険料など取られるものはしっかりと取られるので、これらの無駄な支払いを止めるためには必ず必要です。

バイクの盗難に対しての怒りや悲しみでこれらの手続きはどうしてもやる気が起きないという方もいらっしゃるかもしれませんが、今以上に損をしないためにも冷静に物事を進めましょう。

ナンバープレートはどうする?

通常バイクの廃車手続きにはナンバープレートを提出する必要があるのですが、盗難されてしまった場合にはこのナンバープレートは用意することができません。

そのためバイクが盗難された場合には、ナンバープレートの代わりに警察に発行してもらう盗難届けを代わりに提出します。

ですので、あなたのバイクが盗難された場合はすぐに警察に行って盗難届けを出してもらいましょう。

盗難届けを出すことで、もし警察の方があなたのバイクを見つけたときには連絡をくれることも多くなっていますので、これは必ずやっておいたほうが良いです。

盗難されたバイクというのは、意外とどこかで放置されていることも多いので、盗難届けをだしておけばバイクが見つかる可能性も高いはずです。



このページの先頭へ