自動車の廃車手続きの方法

廃車手続きをすることの最大の目的は、車にかかる税金や保険金の支払いをストップさせることです。

そのため、自分が持っている自動車を完全に運転しなくなった人はもちろんですが、何かしらの事情で一時期だけ車に乗らなくなるという人もこれらの税金などの支払いはストップさせたいと考えるはずです。

こういった事情を持つ人のために、陸運局では2種類の廃車手続きを用意しています。

自動車の永久廃車登録

まず、もう完全に自分の車を運転しないと言う人はこの「永久廃車登録」というものを陸運局で行います。

この「永久廃車登録」は文字通り一回登録をしてしまうと、その車を公道で走らせることが永久にできません。

また、この永久廃車登録には、自分の車をスクラップにしてその証明書も書類として提出しなければなりませんので、この廃車手続きを考えている方はしっかり事前にスクラップを業者さんにお願いして、その証明書をもらっておくようにしましょう。

自動車の一時抹消登録

一方、ある事情で自動車税などの支払いを一時期だけストップさせたいと言う方は、「一時抹消登録」というものを行います。

中・長期の単身赴任などで車を置いていかなければならない、という方などは忘れずにこの登録をしておくようにしましょう。

しかし、「永久廃車登録」と同様この手続きを行ったときにも当然その車で公道を走ることはできません。

車などは頻繁に運転しなければあらゆる部品がだめになり、車が動かなくなってしまうこともありますので、誰かにお願いして車を動かしてもらう場合などには、この手続きを行うことはできません。

そういった意味では事前にしっかりと考えなければならない手続きと言えるでしょう。

また、交通事故などに合ってしまい、車をスクラップにしたいけどその費用がないという方は、まずこの「一時抹消登録」を行うことで余計な支払いをストップすることができます。

まずは「一時抹消」をし、その後余裕ができたら、完全に廃車登録をするということも可能です。



このページの先頭へ